仕事とプライベート

会議室

店舗にはいろいろな形態がありますが、その中でも小型店舗用に店舗併用住宅があります。店舗併用住宅の歴史は意外と古く、戦前から存在します。この店舗併用住宅は、昼間はお店で一回を使い、お店を閉じているときは二階の住宅に住むというものです。会社に勤めている人は通勤に使う時間が短い方が何かと有利であるあと感じる人は多いと思いますが、まさしくこの店舗併用住宅というのは限りなく通勤時間を短縮したという意味では理想的なスタイルなのです。 ただ最近は、小さな店舗は軒並み閉店をしていることが多くシャッターが降りているところもよく見かけます。ですが最近は住宅を作るときに貸し店舗として人に貸して収益を得る形態の住宅も増えています。

では、店舗併用住宅の価格はどれくらいでしょうか。もし、店舗を借りる場合はその面積や立地によって変わってきますが15万円もあれば借りることは可能でしょう。ただ最近は、かつてお店を開いていたけれども、店主が歳なので商売をやめてしまった為に店舗がそのまま空いていることがあります。そういった空きスペースを利用して介護施設を作ったりすることが流行っています。店舗だった場所ももともと貸すつもりはなかった場所なので安く借りることも可能になります。 また、その店舗が料理屋だった場合はカウンターやキッチン、冷蔵庫がそのまま使えることがあります。そこで、もし同業の料理屋が入る場合には、設備なども修理してそのまま使わせてもらうことも可能になるのです。